W2Rの特長 施工実績 全国施工会社 W2Rカタログ よくある質問 お知らせ お問合せ

W2Rの特長

W2R工法は、既設側溝の不要部分を専用カッター『W2Rカッター』によって、側溝内側より切断した後に、
プレキャストコンクリート製の蓋『W2R側溝蓋』を設置し、側溝をリニューアルする工法です。
W2R工法は、既設側溝リニューアルのパイオニアです。
  

W2R工法は以下のような場合に適しています。

  1. 民地側に壁等が近接しており、既設側溝取り壊しの際、壊れる恐れがある場合。
  2. 店舗等の乗り入れ部が多いため、できるだけ短期間で施工しなければならない場合。
  3. 民家、店舗等が工事場所に近接しているため、既設側溝取り壊し時に問題となる騒音・粉塵を極力減らしたい場合。
  4. 歩道部の幅員が狭小であり、工事中に歩行者や自転車への影響をできるだけ少なくしなけらばならない場合。
       

NEWS


2022年4月 7日  施工実績を更新しました。(北陸地区)
2022年4月 5日  W2R工法協会が「EE東北'22」に出展します。(会期:令和4年6 月1日(水)〜令和4年6 月2日)
2022年3月24日  施工実績を更新しました。(関東地区)
2021年10月28日  セメント新聞にW2R工法が紹介されました。