W2Rの特長 施工実績 全国施工会社 W2Rカタログ よくある質問 お知らせ お問合せ

W2Rの特長

【特長4】W2R側溝蓋の種類と特長

目的や景観に合わせて多種ご用意しています。

スリット&グレーチングタイプ

  • 蓋上面に連続スリットを設けたことで縦断方向どこからでも雨水が取り込めるので、歩道面の排水性が良好です。
  • 蓋版上面の集水部の形状により、スリットタイプとグレーチングタイプの2種類があります。
  • スリットタイプは、維持管理が容易な落とし蓋タイプがあります。
  • グレーチングタイプは取水量が多い場所や横断歩道部に使用します。
  • 歩道の横断勾配が民地側に取られている場合、歩道から民地側に流れ込む雨水の量を低減できます。

【施工事例(W2R側溝蓋「グレーチングタイプ」)

アスコン舗装タイプ

  • 蓋の上がアスファルト舗装となることで、蓋のガタツキ、段差の無い平坦な路面となり車椅子使用者やベビーカー、 手押し使用者にも優しい歩道となります。
  • 路面の雨水はスリットに集水し、排水孔から側溝へ排水され、従来の蓋に比べスムーズな雨水排水が行えます。
  • 蓋の上もアスファルト舗装になることで歩道幅員と見なせるので、蓋幅分の用地の削減ができます。
  • アスファルト舗装により蓋面が露出しない為、車両乗り入れ走行による蓋の磨耗・破損が生じにくく、維持管理の 軽減が図れます。

【施工事例(W2R側溝蓋「アスコン舗装タイプ」)

リペアリッド (アスコン舗装タイプ)

リペアリッドはでこぼこ歩道等を高機能にして、さらに既存の側溝をリニューアルすることができます。
外観もすっきりと歩きやすく、安全な歩道にできるW2R工法用AS舗装蓋です。

子ども達に安心と安全を!
通学路における交通安全を一層確実に確保することが 重要であることから、文部科学省、国土交通省及び警察庁の3 省庁が連携して対応策を検討しています。
安全で安心な歩道整備の一環として歩きやすく、幅員の広い歩道を提案します。

景観蓋

「景観法」、「歴史まちづくり法」の施行を受け、景観性の高い製品をラインナップしました。
風土色を取り入れた骨材で洗出し、一層なめらかで一体性のある歩道空間をご提供いたします。



■洗い出し仕上げテクスチャー

【管理孔埋め込みタイプの蓋はオプショングレーチングで対応可能です。】
【管理孔埋め込みタイプの蓋はサンドショット仕上げのみ対応可能です】