W2Rの特長 施工実績 全国施工会社 W2Rカタログ よくある質問 お知らせ お問合せ

W2Rの特長

【特長2】工期短縮  <急速施工の実施を推進します。>

蓋受けの現場打ちや側溝の入れ替えなど従来の工法では、作業工程が多く、コンクリートの養生、品質の確保など施工日数がかっていました。交通渋滞をおこし、歩行者や近隣の住民に対し、環境面においてさまざまな負の影響を与えておりました。
そのような従来工法を根本から見直し、余計な作業を極力省き、大幅な工期短縮を可能にした工法が『W2R工法』です。
道路の通行規制方法にもよりますが、縦断部で規制する場合は、施工延長12m程度は可能であり、道路横断部で片側交互規制の場合は片側3mづつで合計延長6m程度です。
通行止めの場合は10m程度は即日開放が可能です。
(現場通行条件、施工条件により変動し、用いる蓋版の種類「鋼製かCo製」によっても多少の差異があります。)
  • 店舗や住宅地など車の乗り入れが多い場合は、老朽化した側溝の破損が見受けられます。
  • W2R工法を使うことで、側溝本体を取り替えることなく短期間で工事を行うことができます。

施工手順 (概要)